近くのハンバーグを自宅で再現する:お店の味を引き立てるコツとは

query_builder 2024/05/18
この記事では、近くの美味しいハンバーグを自宅で再現する方法について詳しく解説しています。市販の材料だけでなく、ちょっとしたコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ
住所:

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16

電話番号:
03-6416-1081

はじめに

お店で食べるハンバーグは、一体どうしてあんなに美味しいのでしょうか?それは、特別な調理技術と材料選びに秘訣があるからです。この記事では、そんなハンバーグを自宅で再現する方法を探ります。

ハンバーグとは

ハンバーグは、肉を主成分に、玉ねぎやパン粉、卵などを混ぜて焼いた料理です。外はしっかりと焼かれ、中は柔らかくジューシーなハンバーグは、日本でも非常に人気のある料理です。

ハンバーグは、欧米のミートローフに起源を持ちます。19世紀にドイツからアメリカに渡った移民が、牛ひき肉を使って作った料理が発展し、現在のハンバーグが生まれました。

ハンバーグは、さまざまな食材の組み合わせや調理方法でバリエーションが広がっています。例えば、チーズを中に入れたチーズインハンバーグや、デミグラスソースをかけたデミグラスハンバーグなどがあります。

ハンバーグの魅力は、そのジューシーさと食べごたえです。肉の旨味が凝縮されたハンバーグは、一口食べるだけで満足感が得られます。

また、ハンバーグは自宅でも簡単に作ることができます。市販の冷凍ハンバーグやハンバーグの素を使うこともできますが、自分で材料を選び、手作りすることで、より美味しいハンバーグを楽しむことができます。

ハンバーグは、家族や友人との食事のメインディッシュとしてもぴったりです。近くのハンバーグ店に行くのも良いですが、自宅でハンバーグを作ってみて、リラックスした雰囲気で食べるのもおすすめです。近くの食材を使って、自宅で本格的なハンバーグを楽しんでみませんか?

ハンバーグが美味しくなる秘密

ハンバーグが美味しくなる秘密は、肉の選び方、混ぜ方、焼き方にかかっています。これらを掴むことで、自宅でもお店の味を再現できるのです。

まず、肉の選び方です。ハンバーグの主成分である肉は、牛肉と豚肉のブレンドが基本です。牛肉は旨味があり、豚肉はジューシーさを引き出します。また、肉の脂の選び方も重要です。脂が多すぎるとくどくなり、少なすぎるとパサついてしまいます。適量の脂を含んだ肉を選ぶことがポイントです。

次に、混ぜ方です。肉を混ぜる際には、適度な力を入れて均一に混ぜることが大切です。こね過ぎると肉の繊維が破れてしまい、硬い食感になってしまいます。一方、混ぜる力が足りないと形が崩れてしまいます。適度な混ぜ方を心掛けましょう。

そして、焼き方です。ハンバーグは、中までしっかりと火を通し、外側はパリッと焼き上げるのが理想です。まず、フライパンを十分に熱し、表面に美味しい焦げ目をつけます。その後、弱火でじっくりと中まで火を通しましょう。ジューシーな食感を得るためには、焼き加減にも気を配ることが重要です。

また、焼く前の下ごしらえや調味料の選び方も忘れてはいけません。肉を焼く前には、下ごしらえが必要です。肉の繊維に逆らって切り込むことで、肉汁が逃げにくくなります。さらに、適切な調味料を選んでハンバーグに味付けをすることで、より美味しさが引き立ちます。

これらのポイントを押さえてハンバーグを作ることで、近くのハンバーグ店の味に近づくことができます。自宅で自分好みのハンバーグを作ってみて、家族や友人と共に楽しんでください。自分の手で作るハンバーグの美味しさに、きっと満足することでしょう。

肉の選び方

美味しいハンバーグを作るための第一歩は、適切な肉の選び方です。ここでは、お店の味を再現する上で重要なポイントを紹介します。

ブレンド肉の利用

美味しいハンバーグを作るための重要なポイントの一つが、ブレンド肉の利用です。ハンバーグの主成分である肉は、通常、牛肉と豚肉をブレンドして使用します。このブレンド肉の利用によって、ハンバーグの味わいが一層引き立つのです。

牛肉と豚肉をブレンドすることで、それぞれの肉の特徴を活かすことができます。牛肉は旨味があり、豚肉はジューシーさをもたらします。牛肉単体だけでは物足りない部分を、豚肉が補完してくれるのです。

ただし、ブレンド肉を作る際には、どの部位の肉を選ぶかや、ブレンドの比率にも注意が必要です。肉の選び方は、近くの精肉店やスーパーマーケットで鮮度や品質にこだわった肉を手に入れることがおすすめです。また、ブレンドの比率は、ハンバーグの風味や食感に影響を与えますので、自分好みのバランスを探すのも楽しいですね。

ブレンド肉を使うことで、ハンバーグに旨味とジューシーさが広がります。牛肉の深いコクと豚肉の柔らかさが絶妙に組み合わさったハンバーグは、一度食べると忘れられない味わいです。そして、自宅でも簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

また、近くのハンバーグ店で出されるハンバーグにも、ブレンド肉が使われている場合が多いです。自宅で作るハンバーグが、そのお店の味に近づくことで、また一つ新たな味わいを楽しむことができます。

ブレンド肉の利用は、ハンバーグをより美味しくするための重要な工程です。自分なりのブレンド比率や肉の選び方を見つけて、自宅で本格的なハンバーグを作ると、近くのハンバーグ店に行くことなく、お店の味を楽しむことができます。ぜひ、自分だけの特別なハンバーグを作ってみてください。

肉の脂の選び方

ハンバーグの美味しさを引き立たせるためには、肉の脂の選び方も重要です。脂の量や質は、ハンバーグの食感や味わいに大きな影響を与えます。

まず、肉の脂の量です。脂が多すぎるとハンバーグが重たくなり、くどく感じることがあります。一方、脂が少なすぎるとハンバーグがパサついてしまいます。適切な脂の量を選ぶことで、ハンバーグのジューシーさを引き出すことができます。

また、肉の脂の質も重要です。肉の脂には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が含まれています。飽和脂肪酸は固体の形で存在し、融点が高いために溶けにくく、ハンバーグをパサつかせる要因となります。一方、不飽和脂肪酸は液体の形で存在し、融点が低いために良質な脂とされています。不飽和脂肪酸を多く含む肉を選ぶことで、ハンバーグをよりジューシーに仕上げることができます。

近くのハンバーグ店で提供されるハンバーグは、厳選された肉を使用していることが多く、その中には脂の質にもこだわったものがあります。自宅で美味しいハンバーグを作るためにも、脂の質に注意しながら肉を選ぶことが大切です。

肉の脂の選び方は、食材を選ぶ際にも重要なポイントです。美味しい脂が味わいを引き立てるだけでなく、栄養面でもバランスを整えてくれます。肉の脂の選び方に工夫を加えることで、ハンバーグがより一層美味しくなること間違いありません。

自宅でハンバーグを作る際には、肉の脂の量と質に注目し、近くのハンバーグ店の味に近づけることを目指しましょう。肉の質を意識した上で、自分好みの脂のバランスを見つけることで、ジューシーで美味しいハンバーグを楽しむことができます。ぜひ、試してみてください。

調理前の準備

肉を選んだら、次は調理前の準備に移ります。ここでも、ハンバーグの美味しさに影響を与える要素があります。

肉の下ごしらえ

美味しいハンバーグを作るためには、肉の下ごしらえが欠かせません。肉の下ごしらえには、焼き上げた際に肉汁の逃げにくいハンバーグを作るためのポイントがあります。

まず、肉の下ごしらえの一つ目は、肉の繊維方向に逆らって切り込みを入れることです。肉は繊維があるため、繊維方向に切り込むと焼いた際に肉汁が逃げやすくなってしまいます。ですので、肉の繊維方向と逆に細かく切り込みを入れることで、肉汁の逃げを抑えることができます。

この切り込みの入った肉は、焼く際に肉の繊維が縮まないよう注意が必要です。焼く前に冷蔵庫で一定時間寝かせ、室温に戻してから焼くと、肉の繊維が収縮しにくくなります。この工程を行うことで、よりジューシーなハンバーグを作ることができます。

また、調味料を肉にしっかりと浸み込ませるためには、下ごしらえ後に一定時間、冷蔵庫で寝かせることも効果的です。こうすることで、肉に味が染み込み、より一層美味しさを引き立てることができます。

肉の下ごしらえは、ハンバーグの仕上がりに大きく影響を与えます。きちんと下ごしらえを行うことで、肉汁を逃がさず、ジューシーさをキープしながら焼き上げることができます。

自宅でハンバーグを作る際には、少し手間がかかりますが、肉の下ごしらえをしっかり行うことがおすすめです。焼き上げた際に肉汁が逃げず、ジューシーなハンバーグを楽しむことができるでしょう。ぜひ、試してみてください。

調味料の準備

肉の下ごしらえが終わったら、次は調味料の準備です。ハンバーグの味付けは、適切な調味料を選び、絶妙なバランスで混ぜ合わせることが求められます。

まず、ハンバーグの基本的な調味料として挙げられるのが、塩とこしょうです。肉の旨味を引き出すために、塩こしょうは欠かせません。適量の塩とこしょうを加え、均一に混ぜ合わせましょう。また、香りや風味をプラスするために、ニンニクや玉ねぎのすりおろし、粉末のガーリックやオニオンも加えることができます。

さらに、ハンバーグの風味を豊かにするために、Worcestershireソースやソース、ケチャップなどの液状の調味料も利用します。これらの調味料は、甘味や酸味を加えることで、ハンバーグの味わいを引き立てます。好みや目指す味に合わせて、適切な量を調整しましょう。

また、ハンバーグに奥行きを与えるために、焼いた後にソースをかけることもおすすめです。デミグラスソースやデミソース、トマトソースなど、自分の好みに合わせてソースを選ぶことで、ハンバーグの味わいが一層深まります。

調味料の準備は、ハンバーグの味を決める重要な過程です。適切な調味料を選び、バランスよく混ぜ合わせることで、おいしいハンバーグを作り上げることができます。

自宅でハンバーグを作る際には、好みや食材に合わせた調味料の組み合わせを楽しんでみてください。自分だけのオリジナルなハンバーグが完成することでしょう。素敵な食事のひと時を過ごすために、調味料の準備にこだわってみましょう。

調理の手順

いよいよ調理のフェーズです。肉と調味料をうまく組み合わせ、焼き加減にもこだわりましょう。

肉の混ぜ方

ハンバーグを作るにあたって、肉の混ぜ方にも注意が必要です。肉を混ぜる際には、こねすぎず、かといって少なすぎず、適度な混ぜ方が求められます。

まず、肉を混ぜる際には、手を使って優しく揉むように混ぜることがポイントです。力を入れすぎると肉が固くなり、食べごたえのあるハンバーグになりますが、逆に少なすぎると形が崩れてしまうことがあります。均一に混ぜるためには、手の平を使ってやさしく押し広げるようにして混ぜましょう。

また、混ぜる際には、肉汁が逃げないようにすることも重要です。肉汁が逃げると、ハンバーグはパサついてしまいます。そこで、混ぜる際には手早く、効率よく混ぜることが大切です。時間が経つにつれて肉が酸化し、パサつきの原因になることから、長時間混ぜ過ぎないように注意しましょう。

さらに、混ぜる前に冷やしたり、手を軽く湿らせると混ぜやすくなることもあります。肉の混ぜ方は、感触や見た目で判断しながら、自分の好みの食感に仕上げるように工夫してみてください。

肉を適度に混ぜることで、均一な質感とジューシーさをハンバーグに与えることができます。自宅でハンバーグを作る際には、肉を混ぜる際のコツを覚えて、絶妙な肉の混ぜ方を実践してみましょう。

ハンバーグ作りは、肉の混ぜ方からこだわることでおいしさがより引き立つ料理となります。肉の混ぜ方を工夫しながら、自分だけのハンバーグを作り上げる楽しみを味わってください。

焼き方のコツ

肉の混ぜ方が終わったら、いよいよハンバーグの焼き方について考えましょう。ハンバーグの美味しさを引き出すためには、中までしっかりと火を通し、外側はパリッと焼き上げることがポイントです。

まず、焼く前にフライパンを予熱することが重要です。フライパンを十分に熱し、ハンバーグを入れるときに音が立つほどの熱さをキープしましょう。これにより、ハンバーグに美味しい焦げ目をつけることができます。

焼く際には、ハンバーグが肉汁を逃がさず、ジューシーさを保つことが大切です。そこで、まずは強火で両面を焼き、外側に美味しい焦げ目を作ります。焦げ目がついたら、中火にしてじっくりと火を通しましょう。焼きすぎるとハンバーグが乾燥してしまうので、焼き具合や火加減には注意が必要です。

また、焼く前にハンバーグに指で軽く押すことで、焼き方を確認することもできます。ハンバーグが弾力がある場合は、中までしっかりと火が通っている合図です。ジューシーな食感を楽しむためには、中までしっかり火を通すことが大切です。

焼き上げたハンバーグは、余熱を利用して少し休ませることも忘れずにしましょう。その間にハンバーグの中の肉汁がまんべんなく分布し、よりジューシーな味わいになります。

ハンバーグの焼き方は、均一な加熱と適切な焼き加減がポイントです。焼きすぎず、しっかりと火を通したハンバーグは、外側はパリッと、中はジューシーな食感を楽しむことができます。

自宅でハンバーグを作る際には、焼き方にも注意を払って美味しい仕上がりを目指しましょう。焼き加減や火加減を調整しながら、自分好みのハンバーグを作り上げる楽しみを味わってください。

具材の役割

ハンバーグの戴冠では、主役の肉以外にも重要な具材があります。それらがどのように味わいを引き立てるのか解説します。

玉ねぎの役割

ハンバーグには玉ねぎが欠かせない具材の一つです。玉ねぎは、ハンバーグの旨味を格段に引き立てる役割を果たします。

まず、玉ねぎは甘味と風味を持っているため、ハンバーグに豊かな味わいを与えます。玉ねぎの甘味は、肉の旨味と絶妙なバランスを作り出し、ハンバーグの奥深い味わいを生み出します。また、玉ねぎの風味はハンバーグに個性を与え、香り高さを演出します。

玉ねぎをハンバーグの中に混ぜ込むことで、ハンバーグがふんわりと柔らかくなります。玉ねぎの水分がハンバーグに柔らかさを与え、ジューシーな食感を作り出します。さらに、玉ねぎの繊維がハンバーグに絡みつき、ハンバーグの形を保つ役割も担っています。

玉ねぎは、さまざまな調理方法で使われることがありますが、ハンバーグにおいては特に重要な役割を果たしています。玉ねぎの存在が、ハンバーグの深い味わいと食べ応えを作り出します。

自宅でハンバーグを作る際には、玉ねぎの加減にも注意しましょう。玉ねぎを細かく刻むことで、食感を楽しむことができます。また、玉ねぎの量を調節することで、甘味や風味を程よく引き立てることができます。自分好みの玉ねぎの加え方を見つけて、ハンバーグにさらなる深みを加えてみてください。

玉ねぎの役割を理解し、適切に使用することで、より美味しいハンバーグを楽しむことができます。玉ねぎの持つ甘味や風味を感じながら、自宅で特別なハンバーグを作り出しましょう。

パン粉と卵の役割

ハンバーグにはパン粉と卵が欠かせない役割を果たしています。パン粉と卵はハンバーグの形を保つために重要であり、さらにそれぞれが独自の役割を果たしています。

まず、パン粉はハンバーグの形をしっかりと保つ役割があります。ハンバーグは肉を形作って焼くため、肉の間に空気が入りやすくなります。しかし、パン粉を加えることでそれを防ぎ、ハンバーグがふんわりとした食感を持つようになります。また、パン粉によって肉汁が吸収されることで、ハンバーグのジューシーさを保つことができます。

一方、卵はハンバーグの材料を一緒に結びつける役割があります。卵は粘り気を持ち、材料をしっかりと固める効果があります。卵の存在によって、ハンバーグが形崩れせずに焼き上がるのです。また、卵にはハンバーグの中の具材をまとめる効果もあります。肉や野菜、調味料などがより一体感を持って結びつき、ハンバーグ全体の味わいを引き立てます。

パン粉と卵の適切な量を加えることで、ハンバーグの食感と味わいが決まります。加えすぎるとパサついたテクスチャーになり、少なすぎると形崩れしやすくなります。自分の好みや食材に合わせて、パン粉と卵の量を調整することで、理想のハンバーグを作り上げることができます。

自宅でハンバーグを作る際には、パン粉と卵の役割を理解し、適切なバランスで加えることが大切です。パン粉と卵がハンバーグの形や食感、味わいをより素晴らしいものにしてくれることでしょう。ぜひ、トライしてみてください。

ソース選び

ハンバーグの大切な要素となるのが、ソースです。与えられる味の選択は、ハンバーグの完成度に大きく影響します。

デミグラスソース

ハンバーグには様々なソースが合わせられますが、定番の一つとしてデミグラスソースが挙げられます。デミグラスソースは、ハンバーグの味を一層引き立てる深いコクとまろやかな味わいが特徴です。

デミグラスソースは、フランス料理のソースの一つであり、赤ワインや牛肉のエキスをベースに作られます。ハンバーグにデミグラスソースをかけることで、豪快な肉の旨味とソースのコクがマリアージュされ、ハンバーグの味わいを一層深めます。

デミグラスソースは市販品を使用することもできますが、自家製のソースを作ることもおすすめです。デミグラスソースは時間をかけて丁寧に作ることで、より風味豊かで深い味わいを楽しむことができます。ビーフスープやワイン、玉ねぎ、トマトなどを使って、じっくりと煮込んで作ると良いでしょう。

デミグラスソースは、ハンバーグだけでなく付け合せのポテトや野菜、ご飯にも合わせることができます。その他にも、キノコや赤ワインを加えてバリエーションを楽しんだり、ソースにオリーブオイルやバターを加えて風味をプラスすることもできます。自分の好みや食材に合わせてアレンジしてみると、さらに美味しいハンバーグの完成度を上げることができるでしょう。

自宅でハンバーグを作る際には、デミグラスソースの素晴らしさをぜひ体験してみてください。その深い味わいと香りは、ハンバーグを本格的な一品に仕上げてくれることでしょう。デミグラスソースの魅力に触れながら、特別な食事を楽しんでください。

他のソース

デミグラスソース以外にも、ハンバーグに合わせることのできるさまざまなソースがあります。個々の好みやハンバーグの仕上げ方によって、選ぶソースも変わってきます。

一つはケチャップベースのソースです。ケチャップは子供から大人まで幅広い人に愛されている調味料です。ハンバーグにケチャップをかけることで、トマトの甘味と酸味が加わり、さっぱりとした味わいになります。特に子供たちはケチャップの味に親しみを感じることが多いです。

また、ハンバーグがミディアムレアに仕上がっている場合には、塩こしょうだけで味付けするのもおすすめです。焼き加減によって肉本来の旨味が引き立つため、シンプルな味わいを楽しむことができます。

さらに、和風のソースもハンバーグに合わせることができます。例えば、和風だしをベースにしたソースや、ポン酢をかけることで、ハンバーグに軽やかな風味が加わります。ごま油や醤油を使ったアジアンなソースも、ハンバーグとの組み合わせで新しい味わいを楽しむことができます。

ソースの選択肢はいくつもあり、さまざまなバリエーションを試してみることも楽しいです。デミグラスソースやケチャップのような定番のソースから、自分オリジナルのソースまで、自由な発想でハンバーグをアレンジしてみてください。

ハンバーグに合わせるソースを選ぶ際には、食材の味とハンバーグの焼き加減を考慮しながら、自分の好みやアレンジしたいテイストに合わせて選ぶことが大切です。さまざまなソースを探求しながら、お気に入りのハンバーグを見つけてください。

盛り付けと付け合せ

最後の仕上げとなるのが盛り付けと付け合せです。ハンバーグの一皿をより華やかに、そして、栄養価をバランスよくするための工夫を紹介します。

美味しさを引き立てる盛り付け

美味しいハンバーグを引き立てるためには、盛り付けも重要です。適切な盛り付けによって、見た目からも美味しさを引き立てることができます。

まず、ハンバーグを中心に盛り付けることを意識しましょう。ハンバーグが主役となるように配置し、その周りに色とりどりの野菜やサイドメニューを添えることで、華やかさを演出します。例えば、ベビーリーフやサラダ、トマトやキュウリなどの野菜を添えることで、彩り豊かな盛り付けができます。

また、サイドディッシュとしてポテトサラダや焼き野菜、スープを添えることもおすすめです。これにより、ハンバーグだけでなく他の料理との組み合わせで、バランスの取れた食事を楽しむことができます。

盛り付けの際には、食欲をそそるアクセントを加えることも大切です。例えば、ハンバーグの上にグレービーソースやデミグラスソースをかけることで、豪華な印象を与えます。また、ミントやパセリなどのハーブを散らすことで、さわやかさや香り高さを演出することもできます。

さらに、食器の選び方も盛り付けに影響を与えます。おしゃれなプレートやボウルを使うことで、料理の美味しさがより引き立ちます。また、ハンバーグにソースをかける際に、ソースの滴る姿が美しい器を使用すると、見た目にも楽しみが加わります。

自宅でハンバーグを作る際には、盛り付けの工夫をして美味しさを引き立ててみましょう。見た目にも美しい盛り付けは、食べる喜びを高めます。料理の楽しみを広げるために、クリエイティブな盛り付けを試してみてください。

ハンバーグに良く合う付け合せ

ハンバーグには、様々な付け合せが良く合います。ハンバーグの持つ味わいに合わせながら、食事バランスを考えた付け合せを選ぶことが大切です。

まず一つ目は、ポテトサラダです。ハンバーグとの相性が抜群で、さっぱりとしたポテトサラダがハンバーグの旨味を引き立てます。ポテトサラダには、ハンバーグのソースや肉汁が染み込み、さらなる食べ応えを楽しむことができます。

また、グリーンサラダもハンバーグによく合う付け合せです。シャキシャキとした野菜の食感と、サラダドレッシングのさわやかな味わいが、ハンバーグのジューシーさを引き立てます。ハンバーグとグリーンサラダを一緒に食べることで、爽やかな食事のバランスを取ることができます。

焼き野菜もハンバーグにぴったりです。彩り豊かな野菜をフライパンやオーブンで焼き上げ、ハンバーグと一緒に盛り付けることで、見た目にも鮮やかさが加わります。野菜の甘みや香りがハンバーグの味わいを引き立て、栄養価も高めます。

さらに、スープやスープ系の付け合せもハンバーグにおすすめです。具材をたっぷりと入れたスープは、ハンバーグとの相性が良く、食事バランスも考えられています。具体的な例としては、トマトスープやマッシュルームスープ、コーンスープなどがあります。

ハンバーグに合う付け合せは、好みや食材のバリエーションによっても異なります。自分の好みや栄養バランスを考えながら、クリエイティブにアレンジして楽しんでみてください。ハンバーグとの相性の良さを考えながら、美味しさをさらに引き立てる付け合せを見つけてみましょう。

まとめ

自宅でお店の味を再現するためのハンバーグ作りをご紹介しました。肉の選び方から調理方法、付け合せまで、多くのポイントに触れてきました。

ハンバーグで感じる地元の魅力

ハンバーグは、地元の魅力を感じることができる料理です。地元のハンバーグ店で食べる一品には、独自の工夫やこだわりが詰まっています。

地元のハンバーグ店では、地元産の新鮮な食材や地元特産品を使用することが多いです。地元ならではの食材の美味しさを堪能でき、その土地の旬の味を楽しむことができます。また、地元のハンバーグ店は地元の方々に愛され、地域の人々との交流の場となっています。

さらに、地元のハンバーグ店は、他の地域では味わえないオリジナリティ溢れるハンバーグを提供しています。独自の調理法や秘伝のタレ、職人の手作りによる逸品は、その土地ならではの味わいを楽しむことができます。地元のハンバーグ店で食べることで、その土地の個性や特色を感じることができるのです。

また、地元のハンバーグ店は、ローカルな雰囲気やアットホームなサービスが魅力です。地元の人々との会話や店主のおすすめの話を聞きながら、心地よい時間を過ごすことができます。地元のハンバーグ店は、食べるだけでなく、地域の人々とのつながりや地元愛を感じることができる場所なのです。

自宅でハンバーグを作る際にも、地元のハンバーグ店の味を再現することで、その土地の魅力を再認識できます。地元ならではの食材や風味を取り入れながら、自分自身でハンバーグを作り上げる楽しみを味わってください。

自分だけのハンバーグを探そう

ハンバーグ作りのポイントは無数にあります。肉の選び方、混ぜ方、焼き方などを自分好みに調整することで、自分だけの一品を作る楽しさを感じてください。また、地元のハンバーグ店で味わった魅力を参考にしながら、自分なりのハンバーグを追求してみましょう。家族や友人との食事の時間に、自慢のハンバーグを提供することができます。自分だけの特別なハンバーグを探求する旅に出てみませんか?自宅で本格的なハンバーグを作り、自分の味を見つけましょう。

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16