手作りハンバーグの作り方: 基本からコツまでマスターしよう

query_builder 2024/02/11
この記事では、おいしい手作りハンバーグの基本的な作り方から、その際に押さえておきたいポイントやコツについて詳しく解説しています。ハンバーグを作る上での材料選びや献立との組み合わせ方など、ハンバーガー料理を楽しく学べます。

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ
住所:

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16

電話番号:
03-6416-1081

手作りハンバーグの魅力

家庭で作るハンバーグは、市販のものとは一味違う風味と満足感があります。手作りならではの魅力とは何なのか、見てみましょう。

自由な材料選び

ハンバーグの魅力の一つは、自由な材料選びができることです。家庭で作る際には、好みや食材の在庫に合わせて自由に選ぶことができます。肉の種類に注目してみましょう。一般的には牛挽肉や豚挽肉を使用しますが、鶏挽肉や合い挽き肉などを組み合わせることもできます。それぞれの肉の特徴や味わいを考えながら選ぶことがポイントです。また、野菜の選択も重要です。たまねぎを使用するのが一般的ですが、他の野菜との組み合わせも楽しみましょう。例えば、にんじんやピーマン、キノコ類などを加えることで、より栄養価の高いハンバーグにすることができます。さらに、香りや風味をプラスするために、ニンニクやハーブ、スパイスを加えることもおすすめです。自宅でハンバーグを作るなら、自分の好みに合わせた材料選びができますので、様々な組み合わせを試してみてください。

節約にもなる

自宅でハンバーグを作ることは、節約にもつながります。外食するよりも材料を揃えて作る方が、経済的にお得です。市販のハンバーグと比べても、自家製のハンバーグのほうがコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。また、自宅で作ったハンバーグは、食材の余りを有効活用することもできます。たとえば、パン粉やたまねぎの残りを利用して、次の料理に活用することができます。また、ハンバーグの作り置きもおすすめです。一度に大量に作れば、後日も手軽に食べることができますし、忙しい日でも簡単に済ませることができます。冷凍保存も可能なので、長期間保存しておいて必要な時に利用することもできます。節約意識を持ちながらハンバーグを作ることで、経済的にも効果的な料理を楽しむことができます。自宅での調理を活用しながら、食卓にハンバーグを並べてみてください。

基本のハンバーグの材料と作り方

ここでは、ハンバーグの基本的な作り方と、必要な材料について説明します。

必要な材料

ハンバーグを作る上で必要な材料には、いくつかの基本的なものがあります。まずは肉です。ハンバーグには牛挽肉や豚挽肉がよく使われますが、鶏挽肉や合い挽き肉を使うこともできます。その中でも、脂肪分が適度な割合になっていることがポイントです。肉の選び方は、スーパーでの購入時には注意しましょう。次に、たまねぎです。たまねぎはハンバーグに必須の食材で、風味や水分を与えてくれます。細かく刻むか、すりおろして使うことで、より均一な味わいに仕上がります。そして、パン粉も欠かせません。パン粉は肉の水分を吸ってくれるため、ジューシーな食感を生み出す役割があります。卵も重要な材料です。卵は混ぜることで肉の結着力を高め、ハンバーグの形を保ちます。その他、調味料として塩やこしょう、ウスターソースやケチャップなども使用します。これらの調味料を適量加えることで、ハンバーグに深みと風味が加わります。必要な材料をしっかり準備して、自宅で美味しいハンバーグを作りましょう。

作り方の手順

では、ハンバーグの作り方の手順を紹介します。

まず、ハンバーグを作るための材料を準備しましょう。肉、たまねぎ、パン粉、卵などが一般的に使用されます。肉は適度な脂肪分があるものを選び、たまねぎは細かく刻みます。パン粉は肉の水分を吸うために利用し、卵は肉の結着力を高めるために加えます。また、調味料として塩やこしょう、ウスターソースやケチャップなども用意します。

次に、材料を混ぜ合わせます。大きなボウルに肉、たまねぎ、パン粉、卵を入れ、よく混ぜ込みます。手で混ぜる際は、しっかりと全体が均一になるように力を入れて混ぜてください。このとき、肉をこね過ぎないように注意しましょう。

混ぜた材料を形作ります。手に水を濡らして、肉の混ぜ物を丸めていきます。サイズは自分の好みに合わせて調整しましょう。平らな形にする場合は、手のひらでやさしく押しつけるように整えます。

フライパンに油を熱し、ハンバーグを焼きます。フライパンを中火にかけ、丸めたハンバーグを入れます。片面を焼き色がつくまで焼き、裏返してもう片面も同様に焼きます。焼く際は、ハンバーグが均等に火が通るように注意しましょう。

焼き上がったら、取り出して盛り付けます。ハンバーグは熱いうちに食べるのがおすすめです。お皿に盛り付けて、つけ合わせの野菜やソースと一緒に楽しんでください。

以上が、基本的なハンバーグの作り方の手順です。材料を準備し、混ぜる、形作り、焼くという流れで丁寧に作っていきましょう。自宅で手作りのハンバーグを楽しむと、一層美味しさを感じることができます。

作り方のコツ

ハンバーグの作り方には、ジューシーさや形をキープするためのちょっとしたコツがあります。

ジューシーさを保つ秘訣

ハンバーグを作る際に、ジューシーな食感をキープするためのコツがいくつかあります。まずは、材料の混ぜ方です。肉やパン粉などの材料を混ぜる際には、力を入れすぎずに優しく混ぜ合わせることが大切です。強くこねすぎると肉のたんぱく質が固くなってしまい、ジューシーさが失われてしまいます。

また、ハンバーグを焼く際には、焼き方にも気を配りましょう。フライパンにしっかりと油を熱し、ハンバーグを焼く前にフライパンを十分に熱しておくことがポイントです。焼く際にハンバーグにしっかり火を通すことで、肉の中に含まれる水分を逃さずに閉じ込めることができます。焼く時間は個々の厚さや焼き加減によって異なりますが、一般的には両面を中火で焼くことがおすすめです。

さらに、焼き上がったハンバーグによく休ませることも大切です。焼いた直後は肉の中の熱が高く、ジューシーさを保つためにはしっかりと休ませる必要があります。焼き上がったハンバーグをアルミホイルで包み、5〜10分程度静かに放置しておくと、内部の肉汁が均等に行き渡り、ジューシーな食感を楽しむことができます。

これらのコツを守ることで、ハンバーグのジューシーな食感をキープすることができます。混ぜ方、焼き方、休ませ方に注意しながら手作りハンバーグを作ってみてください。香ばしくジューシーなハンバーグの完成度が上がり、さらに美味しさを引き立てることができるでしょう。

うまく形をキープする方法

ハンバーグを作る際には、形をきれいにキープすることも大切です。形が崩れてしまうと見た目の美しさや食べやすさに影響が出てしまいます。そこで、ハンバーグの形をキープするためのコツを紹介します。

まず、肉団子を作る際に注意が必要です。肉団子を作るときには、肉をしっかりとひとつの塊にまとめるようにしましょう。手のひらを使って丸める際に、やさしく押し付けるように形を整えます。また、肉団子には中に空気を含ませないようにすることも重要です。肉を混ぜる際に空気を抜くようにするか、肉団子を作るときにしっかりと押し潰すようにすると、形が崩れにくくなります。

次に焼く方法に注目しましょう。フライパンに油をしっかりと熱してからハンバーグを入れ、焼くときには蓋を使わずに焼くことがポイントです。蓋を使うと蒸し焼きになり、肉の水分が抜けてしまうことがあります。また、ハンバーグをひっくり返す際には、ヘラを使わずに手で包み込むようにして裏返すとキレイな形がキープできます。

さらに、焼き上がったハンバーグをしっかりと休ませることも重要です。焼き上がったハンバーグはまだ熱いため、内部の肉汁が均等に行き渡るように休ませましょう。アルミホイルで包み、5〜10分程度静かに放置します。休ませることで肉汁が均一に行き渡り、形を崩さずにジューシーな食感が楽しめます。

これらのコツを守ることで、ハンバーグの形をキープすることができます。肉団子の形作り、焼き方、休ませ方に注意しながら工夫してみてください。見た目も美しく、食べごたえのあるハンバーグが完成するでしょう。

ハンバーグのアレンジ方法

基本のハンバーグをマスターしたら、次はアレンジ方法に挑戦してみましょう。

具材を変えてみる

ハンバーグの基本をマスターしたら、次は具材を変えてアレンジしてみましょう。ハンバーグの具材を変えることで、新しい味わいや食べごたえを楽しむことができます。

具材を変える一つの方法は、野菜を追加することです。たまねぎやにんじん以外に、ほうれん草やキノコ、パプリカなどを使ってみましょう。野菜を細かく刻んで混ぜ込むと、食感や風味がアップし、ヘルシーなハンバーグになります。例えば、ほうれん草を加えると緑の色合いが鮮やかになり、栄養価もアップします。また、キノコを使うと旨みが増して深い味わいになります。

さらに、具材を変えるもう一つの方法は、挽肉や肉の種類を変えることです。牛挽肉や豚挽肉以外にも、鶏挽肉や合い挽き肉を使ってみると、全く異なる味わいが楽しめます。鶏挽肉を使用すると、軽やかな食感とさっぱりとした味わいに仕上がります。また、合い挽き肉を使うと、肉の旨みがより豊かになります。

さらに、具材を変えたハンバーグには、お好みの調味料やスパイスを加えることもできます。例えば、しょうゆやソースの代わりに、ウスターソースやバーベキューソースを使用すると、深い味わいが楽しめます。また、ハーブやスパイスを加えることで香りや風味が増し、オリジナリティ溢れるハンバーグを作ることができます。

具材を変えることで、同じハンバーグでも様々なバリエーションを楽しむことができます。野菜や肉の組み合わせや調味料の使い方を工夫して、自分だけのオリジナルハンバーグを作ってみましょう。新たな味わいを楽しむことができ、家族や友人との食卓が一層豊かなものになることでしょう。

ソースの変化で楽しむ

ハンバーグをアレンジする際には、ソースの変化もぜひ試してみてください。ハンバーグの味はソースで大きく変わります。基本のデミグラスソースから和風ソースまで、様々なソースを使って味わいを楽しむことができます。

まずは、定番のデミグラスソースです。デミグラスソースはハンバーグとの相性が抜群で、濃厚な味わいが特徴です。市販のデミグラスソースを使うこともできますが、自家製のソースもおすすめです。オニオンやニンニクを炒め、ワインやコンソメ、トマトケチャップを加えて煮詰めると、深い味わいのデミグラスソースが完成します。

また、和風ソースもハンバーグに合わせると美味しさが格別です。醤油やみりん、砂糖、酒を使って作る和風ソースは、さっぱりとした味わいが特徴です。煮詰めすぎずにさっと作ることで、野菜との相性も良くなります。また、ゴマや青ネギ、ショウガを加え、香りや風味をプラスするのもおすすめです。

他にも、バーベキューソースや甘辛いトマトソースなど、自分好みのソースでアレンジすることも可能です。ソースのバリエーションを楽しむことで、ハンバーグの味わいが一層豊かになります。

ハンバーグのアレンジに合わせて、ソースもアレンジすることで、食卓がより楽しくなります。お気に入りのソースを見つけて、ハンバーグの味をアップグレードしてみましょう。家族や友人との食事が一段と盛り上がることでしょう。

ハンバーグの献立例

ここでは、手作りハンバーグを主菜としたバランスの良い献立例をご紹介します。

和風献立の例

ハンバーグを主菜とした和風の献立を紹介します。和風のアレンジは、さっぱりとした味わいや日本料理の要素を取り入れることで、より和食らしい献立になります。

まずは、ごはんです。白いごはんは和食に欠かせない存在です。炊きたてのごはんを用意しましょう。ハンバーグとの相性を考えて、少し味付けを変えても良いでしょう。例えば、ごまをふりかけたり、梅干しを添えたりすると、さっぱりとした風味が加わります。

次に、お味噌汁です。お味噌汁は和食になくてはならない一品です。豆腐やわかめ、ネギなどを入れて、ハンバーグとのバランスを考えながら作りましょう。具材やだしの取り方で味のバリエーションも楽しめます。

ハンバーグの付け合わせには、和風のサラダを添えるのもおすすめです。キュウリや大根、もやしなどの野菜を細切りにし、ごまドレッシングや酢味噌で和えると、ハンバーグの味を引き立てることができます。シャキシャキとした食感とさわやかな味わいが口の中で広がります。

さらに、和風献立には、焼き海苔や漬物も加えてみましょう。焼き海苔をハンバーグに巻いていただくと、風味がプラスされます。漬物は、塩漬けのものや酢漬けのものなど、さまざまな種類を添えてみてください。漬物独特の酸味やしょっぱさが、食事全体のバランスをより良くしてくれます。

和風の献立は、ハンバーグとの相性が良く、日本らしい味わいを楽しむことができます。ごはんやお味噌汁、和風のサラダや漬物を添えることで、さらに食卓が彩り豊かになります。和食の要素を取り入れながら、ハンバーグを楽しんでみてください。

洋風献立の例

ハンバーグをメインにした洋風の献立を考えてみましょう。洋風のアレンジは、クリーミーでハーモニーのある組み合わせや、西洋料理の要素を取り入れることで、洋食らしい献立になります。

まずは、サイドメニューとしてポテトサラダを用意しましょう。ハンバーグとの組み合わせは定番です。じゃがいもをゆでてマッシュし、マヨネーズや粒マスタードを加えて混ぜ合わせます。キュウリやハム、ピクルスなどの具材を加えることで、さらに風味豊かなポテトサラダになります。

次に、グリーンサラダを添えましょう。フレッシュな野菜を使って、さっぱりとしたサラダを作ります。レタスやキャベツ、トマト、きゅうりなど、自分の好みの野菜を組み合わせましょう。ドレッシングは、シンプルなバルサミコ酢やレモン風味のドレッシングが相性が良いです。

ハンバーグの上には、デミグラスソースやマッシュルームソースをたっぷりとかけて召し上がるのもおすすめです。デミグラスソースは濃厚な味わいで、ハンバーグとの相性が抜群です。マッシュルームソースは、キノコの風味が豊かで、ハンバーグに深い味わいを与えます。

また、ハンバーグの横には、バターでソテーした野菜を添えることもおすすめです。人参やズッキーニ、ブロッコリーなど、色鮮やかな野菜を選んで、バターの風味を楽しみましょう。バターでソテーすることで、野菜の甘みや食感が引き立ちます。

洋風の献立は、ハンバーグを中心にクラシックな組み合わせや洋食の要素を取り入れて楽しむことができます。ポテトサラダやグリーンサラダ、ソースやソテー野菜を添えて、美味しく食べましょう。洋食の雰囲気を楽しみながら、ハンバーグを味わうことができるでしょう。

保存と再利用

ハンバーグは、作り置きや冷凍保存がしやすい料理です。その方法と、再利用のアイデアについて解説します。

作り置き・冷凍方法

ハンバーグは作り置きや冷凍保存がしやすい料理です。一度にたくさん作っておけば、忙しい日でも手軽に食べることができますし、時間の節約にもなります。では、ハンバーグの作り置きや冷凍保存の方法を紹介します。

まず、作り置きの方法です。ハンバーグを作り終えたら、余分な部分を冷ます前に取り分けましょう。ハンバーグをしっかりと冷ますとジューシーさがキープされますので、作り置きする際には冷ましてから保存します。保存容器やラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。通常は2〜3日程度が目安ですが、冷蔵庫の状態によって異なる場合もありますので、食材の状態を確認してください。

ハンバーグの冷凍保存方法には、2つの方法があります。まずは、生の状態で冷凍する方法です。作りたてのハンバーグをラップや保存袋に包み、しっかりと密閉して冷凍庫に入れます。解凍する際は、冷蔵庫で解凍するか、湯煎で解凍してください。電子レンジなどで解凍すると、ハンバーグが固くなってしまうことがありますので、注意が必要です。

もう一つは、焼き上がった後の冷凍保存方法です。ハンバーグをしっかりと焼き上げた後に冷ますと、形が崩れずに保存しやすくなります。焼き上がったハンバーグをラップや保存袋に包んで冷凍庫に入れましょう。解凍する際は、焼いたままの状態でレンジやオーブンで加熱するか、冷蔵庫で十分に解凍させてから加熱してください。

ハンバーグの作り置きや冷凍保存は、忙しい日や突然の来客時に便利です。保存したハンバーグは、解凍して温めるだけで、手軽に食べることができます。自宅で手作りのハンバーグを冷凍保存しておけば、いつでも美味しいハンバーグを楽しむことができるでしょう。

再利用のアイデア

冷凍保存したハンバーグを再利用する際には、いくつかのアイデアがあります。ハンバーグを別の料理に変身させて、新たな味わいを楽しんでみましょう。

まずは、ハンバーガーにアレンジする方法です。冷凍保存したハンバーグを焼きなおし、バンズに挟んでハンバーガーとして楽しむことができます。チーズやレタス、トマト、オニオンなどの具材を追加して、自分好みのハンバーガーを作りましょう。さらに、ケチャップやマヨネーズ、バーベキューソースなどのソースを添えると、より一層の味わいが加わります。

また、ハンバーグを使った煮込み料理もおすすめです。冷凍保存したハンバーグを解凍し、トマトソースやデミグラスソースなどと一緒に煮込むと、ハンバーグの旨味がソースに染み込んで美味しい料理になります。パスタやライスと一緒に煮込んで、濃厚なソースで絡めていただくと、満足感のある一品に仕上がります。

さらに、ハンバーグをミートソースやカレーに加えることもできます。冷凍保存したハンバーグを解凍し、カットして具材として使うと、ミートソースやカレーのボリュームアップになります。ハンバーグのジューシーさや旨味がソースに溶け込んで、一層美味しさが増します。

冷凍保存したハンバーグを使って、様々なアレンジ料理を楽しんでください。ハンバーガーや煮込み料理、ミートソースやカレーなど、アレンジの幅は広がります。余ったハンバーグが新たな料理の主役になることで、経済的で楽しい食事を楽しむことができます。再利用のアイデアを取り入れながら、食卓に彩りとおいしさを与えてください。

よくあるトラブルとその対策

ハンバーグを作る際のよくあるトラブルと、その対策方法について解説します。

ハンバーグがパサつく

ハンバーグがパサつく原因と、その対策方法について解説します。

ハンバーグがパサつく原因の一つは、肉の脂肪分の少なさです。脂肪分が少ないと、焼く過程で水分が逃げてしまい、乾燥してしまうことがあります。そのため、肉を選ぶ際には、適度な脂肪分を含む肉を選ぶことが大切です。牛挽肉や合い挽き肉など、脂肪分がバランスよく入っている肉を選ぶことで、ジューシーなハンバーグができます。

また、混ぜる際のこね過ぎもパサつきの原因となります。肉と他の材料を混ぜる際には力を入れすぎず、軽く混ぜるようにしましょう。こねすぎるとたんぱく質が固くなり、ハンバーグがパサついてしまいます。優しく混ぜ合わせることで、肉の結着力を高めつつも、ジューシーさを保つことができます。

焼く際にも注意が必要です。フライパンやオーブンで焼く際には、適切な火加減と焼き時間を守ることがポイントです。高温で焼き過ぎると、肉の水分が逃げてしまい乾燥してしまいますので、中火でじっくりと焼くことを心掛けましょう。焼いている途中でハンバーグがパサついてしまう場合は、焼き時間を短めにするか、焼く前に表面にオリーブオイルやバターを塗って潤いをキープすると良いです。

さらに、焼き上がったハンバーグを休ませることも大切です。焼き上がったハンバーグはまだ熱いため、内部の肉汁が均等に行き渡るように十分に休ませましょう。アルミホイルで包んで5〜10分程度静かに放置すると、ハンバーグがじっくりと蒸らされ、ジューシーさが保たれます。

これらの対策を実践することで、ハンバーグがパサつくことを防ぐことができます。適切な脂肪分の肉を選び、混ぜ方や加熱の方法に注意することで、ジューシーで美味しいハンバーグを楽しむことができます。

ハンバーグがバラバラになる

ハンバーグが焼いている途中でバラバラになってしまうことがあります。これを防ぐためには、いくつかのコツがあります。

一つ目のコツは、肉団子を作る際にしっかりと形を整えることです。肉団子を作るときには、手のひらで軽く押し付けるようにして形を整えましょう。しっかりと結束力のある団子にすることで、焼いている途中でバラバラになりづらくなります。

二つ目のコツは、焼く前に冷蔵庫で一定時間休ませることです。冷蔵庫で30分ほど休ませることで、肉の結着力が高まり、バラバラになりにくくなります。さらに、冷蔵庫で冷やすことでハンバーグが形がしっかりと固まりますので、焼いている最中に崩れることを防ぐことができます。

三つ目のコツは、焼く際に注意深く裏返すことです。ハンバーグを焼く際には、ヘラではなく手で包み込むようにして裏返しましょう。ヘラを使うとハンバーグが崩れることがあるので、手で包むことで形をキープしやすくなります。また、裏返す際にはゆっくりと丁寧に行い、力を入れすぎないようにしましょう。

これらのコツを守ることで、ハンバーグが焼いている最中にバラバラになることを防ぐことができます。形を整えた肉団子を作り、冷蔵庫で休ませながら焼く際に注意深く裏返してください。丁寧な調理を心掛けることで、バラバラにならずに美味しいハンバーグを楽しむことができます。

まとめ

これまでに紹介した内容を簡単にまとめ、ハンバーグ作りへのモチベーションを高めます。

ハンバーグ作りの楽しさ

ハンバーグの作り方をマスターすることには、楽しさや喜びがたくさんあります。自分の好みに合わせた材料を選ぶことから始まり、肉と調味料を組み合わせて肉団子を作るプロセス、焼いている最中に広がる香ばしい匂い、そして完成したハンバーグを食べる瞬間の満足感。ハンバーグ作りは、料理を通じて自分自身を表現する楽しみがあります。

自分の好みに合わせた材料を選ぶことで、食材の選択肢が広がります。肉の種類、野菜の組み合わせ、調味料のアレンジなど、自由に選ぶことができます。好きな食材を使って、自分だけのオリジナルのハンバーグを作り上げることができます。

また、肉と調味料を混ぜ合わせる過程や肉団子を形作る作業は、手作業ならではの楽しさがあります。手で触れることで、材料の結合具合やハンバーグの食感を感じることができます。自分の手で形作ることで、一つ一つのハンバーグに思い入れを持つことができるでしょう。

さらに、ハンバーグを焼いている最中に広がる香ばしい匂いは、家庭の中に美味しさや温かさを演出します。焼く過程で香りが立ち上り、食欲をそそる匂いが広がります。焼き上がったハンバーグの外側がパリッと香ばしく、中はジューシーに仕上がるという一体感に、料理の醍醐味を感じることができます。

そして、完成したハンバーグを食べる瞬間は、何よりもの喜びがあります。自分の手で作り上げたハンバーグを口に運ぶと、香ばしさとジューシーさが口いっぱいに広がります。家族や友人と共に味わう時間は、心温まるひとときとなるでしょう。

ハンバーグ作りは、食材を自由に選び、手作業で形作り、焼いて香ばしい匂いを楽しみ、最後に満足感を得ることができる料理の一つです。自分のアイデアやセンスを活かし、楽しくおいしいハンバーグを作り上げてみてください。その過程で、料理の楽しさと喜びを再確認することができることでしょう。

これからの挑戦

ハンバーグの基本をマスターしたら、これからはさまざまな挑戦にチャレンジしてみましょう。ハンバーグのアレンジや創造性には無限の可能性があります。自分だけのオリジナルのハンバーグを作り上げることで、料理の楽しさや創造力を存分に発揮することができます。

まずは、より多彩な具材の組み合わせや調味料のアレンジに挑戦してみましょう。野菜やハーブ、スパイス、チーズなど、さまざまな材料を取り入れてハンバーグをアレンジしてみることで、新しい味わいや風味を楽しむことができます。また、ソースのバリエーションを広げることや、付け合わせのレパートリーを増やすことでも、ハンバーグの楽しみ方が広がります。

さらに、ハンバーグを使った他の料理への挑戦もおすすめです。ハンバーグをミートソースやカレーの具材として使う、ハンバーガーのバンズを自家製で作る、ハンバーガーのトッピングやサイドメニューをアレンジするなど、ハンバーグを使った新しい料理へのチャレンジも楽しいです。

また、ハンバーグの形を変えることにも挑戦してみましょう。形状を変えることで、見た目や食感の違いを楽しむことができます。ミニサイズのハンバーグやステーキ形式のハンバーグ、マフィン型やカップ型で焼いたハンバーグなど、アイデア次第で様々なバリエーションが生まれます。

ハンバーグ作りは、食材選びから始まり、混ぜる作業や焼く工程、そして創造的なアレンジまで、自分のセンスやアイデアを活かせる魅力的な料理です。これからは、より多彩なハンバーグ作りに挑戦し、自分だけのオリジナルを追求してみましょう。新しい味わいや料理の楽しみを見つけ、ハンバーグ作りの魅力をさらに広げていきましょう。

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16