ハンバーグを湯煎で美味しく作る方法

query_builder 2024/06/15
ハンバーグを湯煎で作る方法について詳しくご紹介します。通常の焼き方とは一味違う、湯煎による美味しさを体験してみてください。

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ
住所:

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16

電話番号:
03-6416-1081

ハンバーグと湯煎料理の基本

ハンバーグの美味しさを引き立てる湯煎調理の基本を解説します。

ハンバーグの基本

ハンバーグは、ジューシーな肉汁がたっぷりと詰まった人気の料理です。調理方法や材料によって、さまざまな風味のハンバーグを楽しむことができます。

ハンバーグの基本として、まずは肉の選び方が重要です。ハンバーグには、脂身と赤身のバランスが良い肉がおすすめです。脂身が多すぎるとハンバーグが油っぽくなりますし、赤身が多すぎるとパサついた食感になってしまいます。適度なバランスの肉を選ぶことで、ジューシーで食べごたえのあるハンバーグに仕上がります。

また、スパイスや調味料も重要なポイントです。ハンバーグにはガーリックやオニオンパウダー、塩やこしょうなどの調味料を加えることで、深い風味が楽しめます。自分の好みに合わせて、様々なスパイスを試してみるのも良いでしょう。

ハンバーグの形成方法もポイントです。肉の組織を壊さずに、空気を含ませるように形成することが重要です。肉の中に空気が含まれることで、焼いたときにジューシーさが増していきます。丸く形成するだけでなく、指で穴を開けるなどしても空気を含ませることができます。

ハンバーグの基本を押さえておくと、湯煎での調理もスムーズに行えます。湯煎はハンバーグをゆっくりと均一に加熱する方法であり、内部までしっかりと火を通すことができます。湯煎で作るハンバーグは、ジューシーさが引き立ち、美味しさが増します。

ハンバーグの基本を理解し、湯煎での調理方法をマスターすることで、より美味しいハンバーグを楽しむことができます。是非、自宅で湯煎ハンバーグに挑戦してみてください。

湯煎調理の基本

湯煎調理は、ハンバーグを美味しく仕上げるための重要な調理法です。通常の焼き方とは一味違った方法で、内部まで均一に加熱することができます。

湯煎調理の基本は、料理を直接火にかけるのではなく、湯煎の中で加熱することです。お鍋に水を入れ、その中にハンバーグを入れて、ゆっくりと加熱します。この方法により、食材の内部までしっかりと熱が伝わり、ハンバーグがムラなく仕上がります。

湯煎調理のメリットは、焼くよりもジューシーさや柔らかさが増すことです。通常の焼き方では、表面が焼けたものの内部がまだ生のままだったり、焼きすぎてパサついてしまったりすることがあります。しかし湯煎調理では、じっくりと加熱することで肉の中まで均等に火が通り、肉汁が逃げにくくなります。

湯煎ハンバーグを作る際のポイントは、加熱時間と温度をしっかりとコントロールすることです。ハンバーグをお鍋に入れたら、蓋をして中火で加熱します。一般的な目安としては、15分ほど加熱すれば中までしっかり火が通りますが、火加減や厚さによって加熱時間は異なる場合もあります。加熱しながら見た目や食感を確認しながら調整しましょう。

湯煎調理は、ハンバーグだけでなく他の料理にも応用することができます。たとえば、ソースやスープを加熱する際にも湯煎を利用することで、均一な加熱を実現することができます。

湯煎調理によってハンバーグは柔らかくジューシーな仕上がりになります。ぜひ、湯煎を使った調理法を取り入れて、より美味しいハンバーグを楽しんでください。

ハンバーグの材料の選び方

美味しいハンバーグを作るために必要な材料の選び方について解説します。

ハンバーグの肉の選び方

ハンバーグを作る上で、肉の選び方は非常に重要なポイントです。肉の選び方によって、ハンバーグの食感や味わいが大きく変わってきます。

まず、ハンバーグに適した肉は、脂身と赤身が適度に混ざったものです。脂身が多すぎるとハンバーグが油っぽくなり、赤身が多すぎるとパサついた食感になってしまいます。適度なバランスの肉を選ぶことで、ジューシーで肉汁たっぷりのハンバーグを楽しむことができます。

また、肉の種類によってもハンバーグの味わいが異なります。牛肉、豚肉、鶏肉など、さまざまな種類の肉を使ってハンバーグを作ることができます。牛肉を使用すると、しっかりとした肉の味わいが楽しめます。豚肉を使用すると、柔らかくジューシーなハンバーグに仕上がることが多いです。鶏肉を使用すると、ヘルシーなハンバーグになります。自分の好みや食材の特徴に合わせて、肉の選び方を工夫してみましょう。

また、肉の新鮮さも大切な要素です。新鮮な肉を選ぶことで、より美味しいハンバーグを作ることができます。肉は鮮度が落ちると風味や食感が損なわれるため、できるだけ新鮮なものを選ぶようにしましょう。肉の購入時には、見た目やにおい、触り心地などで新鮮さを確認することができます。

ハンバーグの肉の選び方は、ジューシーさや食感、味わいに大きな影響を与えます。バランスの良い脂身と赤身の組み合わせや、肉の種類の選び方、新鮮さを意識して肉を選ぶことで、より美味しいハンバーグを楽しむことができます。是非、お好みの肉を選んでハンバーグ作りに挑戦してみてください。

ハンバーグの調味料の選び方

ハンバーグの調味料の選び方も、美味しいハンバーグを作るために重要なポイントです。調味料の選び方によって、ハンバーグの風味や味わいがさらに引き立ちます。

まず、ガーリックやオニオンパウダーは、ハンバーグに欠かせないスパイスです。ガーリックは独特の風味と香りをもたらし、オニオンパウダーは甘みと旨みを加えます。これらのスパイスを適量加えることで、ハンバーグの味わいに深みが増します。ただし、好みに合わせて調整することも大切です。

また、塩やこしょうも基本的な調味料として使われます。塩は、肉の旨みを引き出し、調味料の効果を高める役割を果たします。こしょうは、辛みと香りをプラスして、ハンバーグの味わいを引き立てます。これらの調味料は、料理の味を決めるベースとなるので、適切な量を加えることが大切です。

さらに、ケチャップやウスターソースなどのソース類もハンバーグに合わせて使用することができます。ケチャップは甘みや酸味をプラスし、ウスターソースは深いコクと風味を加えます。自分の好みやアレンジしたい味に合わせて、調味料を選ぶことで、オリジナリティのあるハンバーグを作ることができます。

ハンバーグの調味料の選び方は、自分の好みや食材に合わせてアレンジすることができます。ガーリックやオニオンパウダー、塩やこしょう、ケチャップやウスターソースなど、使いたい調味料を選び、バランス良く組み合わせることで、より一層美味しいハンバーグを楽しむことができます。是非、自分なりの調味料の組み合わせを試してみてください。

湯煎ハンバーグの作り方

湯煎でハンバーグを作る手順を具体的に解説します。

ハンバーグの形成方法

ハンバーグを美味しく形成するためには、適切な形成方法を知ることが重要です。正しい形成方法でハンバーグを作ることで、ジューシーさや食感がより引き立ちます。

まず、ハンバーグの形成は肉の組織を壊さずに行うことがポイントです。肉の組織を崩すと、ハンバーグがパサついた食感になる可能性があります。そのため、肉をこねたり押し付けたりせずに、手を使って軽く形成するようにしましょう。

ハンバーグを形成する際には、空気を含ませることも重要です。空気が肉の中に含まれることで、焼いた際にジューシーさが増します。そのため、ハンバーグを形成する際には指で穴を開けたり、中に空気を含ませるようにすると良いです。

また、ハンバーグの形も重要なポイントです。均等な厚さに形成することで、全体が均一に加熱され、美味しく仕上がります。周囲を指で整えて、丸く形成することを心掛けましょう。形を整える際には、濡れた手で触れると肉がくっつきにくくなります。

ハンバーグを形成する際は、肉の組織を壊さずに軽く形を整え、空気を含ませるようにすることが大切です。均等な形に整えることで、全体が均一に加熱され、ジューシーで食べ応えのあるハンバーグに仕上がります。次回ハンバーグを作る際には、この形成方法を参考にしてみてください。

湯煎での加熱方法

湯煎での加熱は、ハンバーグを美味しく仕上げるための重要なポイントです。湯煎によるゆっくりとした加熱が、ハンバーグの食材を柔らかくジューシーに仕上げてくれます。

湯煎での加熱方法は、以下の手順に従って行います。まず、お鍋に水を入れ、沸騰させます。ハンバーグをお鍋に入れたら、蓋をして中火で加熱します。湯煎により、均一な加熱が行われます。

湯煎での加熱時間は、一般的には15分程度が目安です。ただし、ハンバーグの厚さや大きさによって加熱時間は異なることがあります。加熱しながら見た目や食感を確認し、中までしっかり火が通るように調整しましょう。適切な加熱時間を守ることで、ハンバーグの中までジューシーに仕上げることができます。

湯煎での加熱は、焼くよりも温かみのある仕上がりになります。ハンバーグの内部まで均等に加熱されるため、外側が焦げずに柔らかさが残ります。また、湯煎の間に移動させることなく加熱するため、形が崩れにくくなります。

湯煎での加熱方法をマスターすることで、ハンバーグをより美味しく仕上げることができます。湯煎によるゆっくりとした加熱は、ハンバーグの内部までしっかりと火が通り、ジューシーな食べ応えを実現します。次回ハンバーグを作る際には、ぜひ湯煎での加熱を試してみてください。

湯煎ハンバーグのポイント

湯煎ハンバーグを一層美味しくするためのポイントについて解説します。

調味料を染み込ませる

ハンバーグを美味しく仕上げるためには、事前に調味料をしっかりと肉に染み込ませることが重要です。調味料を肉に染み込ませることで、ハンバーグの深い風味や味わいが引き出されます。

調味料を染み込ませる方法としては、下味をつけることが一般的です。ハンバーグを作る前の段階で、お肉に必要な調味料を加えて馴染ませます。一般的な下味には、塩、こしょう、ガーリックパウダーやオニオンパウダーなどのスパイスが使われます。これらの調味料を使用して肉に下味をつけることで、より美味しいハンバーグができます。

下味をつける際には、肉を適切な大きさにカットし、ボウルやジップロックバッグなどに入れます。そこに調味料を加え、よく混ぜ合わせます。肉全体に均等に下味が染み込むように、時間をおいて漬け込むことでより良い味が引き出されます。通常は30分以上漬け込むことが推奨されていますが、時間がない場合でも少しでも下味をつけることで味わいが変わってきます。

また、上から調味料をかける方法もあります。上からかける場合は、ハンバーグの表面に調味料をかけ、指でよくなじませます。この方法は手軽で簡単に調味料を付けることができますが、下味をつけるよりも表面だけに味が染み込むため少し効果が薄くなるかもしれません。

調味料を肉にしっかり染み込ませることで、より豊かな味わいのハンバーグが楽しめます。下味をつける際には、時間をかけて漬け込むか、表面にしっかりと調味料をかける方法を選ぶことが大切です。次回ハンバーグを作る際には、ぜひ調味料をしっかりと染み込ませてみてください。

加熱時間を守る

ハンバーグを美味しく仕上げるためには、加熱時間を守ることが重要です。適切な加熱時間を守ることで、ハンバーグの中までしっかりと火を通し、ジューシーで美味しい仕上がりを実現することができます。

加熱時間は、ハンバーグの厚さや大きさ、調理する環境によって異なることがあります。一般的な目安としては、中火で約15分程度加熱すれば、中まで十分に火が通ったハンバーグができます。しかし、具体的な時間は視覚的な判断や食感を確かめながら調整することが大切です。ハンバーグを加熱しながら見た目や触感を確認し、きちんと火が通るまで加熱することが必要です。

加熱時間を守ることで、ハンバーグが適切に加熱され、中までジューシーで美味しい状態に仕上がります。過度な加熱によってパサついた食感になることを避けるため、加熱時間を厳密に守る必要があります。

加熱時間を守るためには、事前に火の通り具合をイメージし、調理する際にはタイマーや目視で時間を計りながら調理することが有効です。火加減や肉の大きさによって加熱時間が変わることもあるため、焦らずじっくりと火を通してください。

ハンバーグを美味しく仕上げるためには、適切な加熱時間を守ることが大切です。視覚や触感に頼りながら、中までしっかりと火を通すように心掛けましょう。次回ハンバーグを作る際には、加熱時間を適切に計りながら、ジューシーで美味しいハンバーグを作り上げてください。

湯煎ハンバーグの完成

湯煎ハンバーグの完成までのフローとその後の手順について解説します。

湯煎ハンバーグの完成フロー

湯煎でハンバーグを作る場合、以下のフローに沿って調理を進めることで、美味しく仕上げることができます。

まず、ハンバーグの形成と下味付けを行います。肉を適切な大きさにカットし、形を整えます。その後、適量の塩やこしょう、ガーリックパウダー、オニオンパウダーなどのスパイスを加えて、肉に下味をつけます。下味が馴染んだら、ハンバーグを冷蔵庫で少し寝かせて味を染み込ませます。

次に、湯煎の準備をします。お鍋に水を入れ、沸騰させます。その後、湯煎用の大きなお皿やボウルに湯を注ぎます。湯量は、ハンバーグが浸るくらいの深さがある程度で良いでしょう。

ハンバーグを湯煎で加熱するためには、お鍋にハンバーグを入れて、蓋をして中火で加熱します。通常は15分程度の加熱時間が目安ですが、ハンバーグの厚さや大きさによって調整が必要です。途中で形が崩れないように、優しく湯煎の中で加熱してください。

ハンバーグが加熱されたら、湯煎から取り出し、お皿に盛り付けます。そのままでも十分美味しいですが、ソースをかけるなどのアレンジもおすすめです。湯煎ハンバーグは、柔らかくジューシーな食感が特長であり、湯煎によって肉がしっかりとした仕上がりになります。

湯煎ハンバーグを作るフローを把握し、適切な形成と下味付け、湯煎での加熱を行うことで、おいしい湯煎ハンバーグが完成します。是非、このフローを参考にして、自宅で湯煎ハンバーグを楽しんでみてください。

湯煎ハンバーグのアレンジ

湯煎ハンバーグはそのままでも美味しいですが、さらなるアレンジを加えることで、より楽しい食事体験を味わうことができます。以下に、湯煎ハンバーグのアレンジのアイデアをご紹介します。

まず、ソースを作ってハンバーグにかけることで、より一層の味わいを楽しむことができます。代表的なソースの一つとしては、デミグラスソースがあります。デミグラスソースは、ワインや野菜の旨みを凝縮した濃厚なソースで、ハンバーグとの相性が抜群です。自家製のデミグラスソースを作ってみて、湯煎ハンバーグとの組み合わせを楽しんでみてください。

また、チーズ好きな方には、チーズソースもおすすめです。チーズソースをハンバーグにかけると、とろりとしたチーズの風味がプラスされ、さらに濃厚な味わいを楽しむことができます。チェダーチーズやモッツァレラチーズなどお好みのチーズを使って、ハンバーグとの相性を試してみてください。

さらに、湯煎ハンバーグをハンバーガー風にアレンジすることもできます。フライパンでパンを焼き、湯煎ハンバーグを挟んでサンドイッチ風に仕上げるのもおすすめです。トマトやレタスなどの野菜をトッピングして、お好みでケチャップやマヨネーズを加えても美味しいです。

湯煎ハンバーグのアレンジは、自分好みの味や食材を使って自由に行うことができます。アレンジ次第で、湯煎ハンバーグの魅力がさらに広がります。ぜひ、様々なアレンジ方法を試して、湯煎ハンバーグをより楽しんでみてください。

おすすめのソース作り

湯煎ハンバーグにおすすめのソース作りについて紹介します。

デミグラスソース

デミグラスソースは、ハンバーグによく合うソースの一つです。濃厚な旨みとコクが特長で、ハンバーグの味わいをさらに引き立ててくれます。ここでは、デミグラスソースの作り方とその魅力についてご紹介します。

デミグラスソースの作り方は簡単ですが、時間と手間をかけることで本格的な味わいを楽しむことができます。まず、フライパンを熱し、バターを溶かします。次に、細かく刻んだ玉ねぎとにんにくを炒め、香りを引き出します。玉ねぎが透明になってきたら、小麦粉を加えてさらに炒めます。小麦粉が香ばしくなり、ルーができたら、赤ワインを加えてアルコールを飛ばします。赤ワインの酸味がソースに奥行きを与えます。

次に、水やブイヨンを少しずつ加え、ソースを少しずつ濃度を調整しながら煮詰めていきます。時間をかけて煮詰めれば、ソースの風味やコクがより深まります。最後に、トマトケチャップやウスターソース、塩やこしょうで味を整えて完成です。

デミグラスソースをハンバーグにかけると、濃厚な旨みがジューシーなハンバーグと絶妙にマッチします。ソースのコクとハンバーグの肉汁が絡み合い、まろやかで深い味わいを楽しむことができます。

自家製のデミグラスソースは、市販のソースに比べて風味や味わいが豊かで、自分好みの調整も可能です。また、作り置きしておくことで、いつでも手軽にデミグラスソースを楽しむことができます。

デミグラスソースはハンバーグだけでなく、ステーキやローストビーフ、グラタンなど、様々な料理にも合わせることができます。ぜひ、自宅で本格的なデミグラスソースを作り、美味しいハンバーグをより一層楽しんでみてください。

チーズソース

チーズソースは、ハンバーグに濃厚な風味とコクを加える人気のソースです。チーズ好きな方にはたまらない一品であり、ハンバーグとの相性も抜群です。ここでは、チーズソースの作り方とその魅力についてご紹介します。

チーズソースを作る際には、まずバターをフライパンで溶かします。次に小麦粉を加え、ルーを作ります。小麦粉が香ばしくなるまで炒め、ルーができたら牛乳を少しずつ加え、とろみとなめらかさを出します。ルーがしっかりと煮詰まってきたら、お好みのチーズを加え、溶けるまでかき混ぜます。チェダーチーズやゴーダチーズ、ブルーチーズなど、お好みのチーズを使って作ってみてください。

チーズソースをハンバーグにかけると、チーズの濃厚なコクがハンバーグと絶妙にマッチし、一層の美味しさを楽しむことができます。チーズのとろりとした食感と濃厚な風味が、ハンバーグのジューシーさを引き立ててくれます。

チーズソースは、ハンバーガーやサンドイッチにもアレンジすることができます。ハンバーガーのバンズにハンバーグを挟んで、チーズソースをたっぷりとかけてサンドすると、まるで本格的なハンバーガーのような味わいを楽しむことができます。

自家製のチーズソースは市販のソースに比べて風味や濃厚な味わいが特徴です。自分好みのチーズを選んで作ることで、より好みの味に仕上げることができます。

チーズソースはハンバーグに限らず、パスタやグラタン、野菜のトッピングなど、様々な料理にも使えます。チーズ好きな方にはたまらないソースですので、ぜひ自宅で手作りして、ハンバーグをより一層美味しくアレンジしてみてください。

湯煎ハンバーグを楽しむサイドメニュー

湯煎ハンバーグと一緒に楽しむことができるサイドメニューを提案します。

グリル野菜

湯煎ハンバーグと一緒に楽しむことができるサイドメニューとして、グリル野菜がおすすめです。グリル野菜は、野菜の甘みとハンバーグの旨みが絶妙にマッチし、バランスの良い一皿を作り上げます。ここでは、グリル野菜の作り方とその魅力についてご紹介します。

グリル野菜を作る際には、お好みの野菜を選んで準備します。人気のある野菜としては、ズッキーニ、パプリカ、玉ねぎ、なすなどが挙げられますが、好みや季節に応じて自由に組み合わせてください。野菜は適度な大きさに切り、オリーブオイルや塩、こしょうで味付けします。

グリルパンやバーベキューグリルで野菜を焼くと、香ばしい香りと風味が広がります。野菜が焼けるまで加熱し、転がしながらきちんと火を通しましょう。焼き色がつき、野菜がしっかりと柔らかくなるまで焼くことで、野菜の甘みが引き立ちます。

グリル野菜は、湯煎ハンバーグと一緒に盛り付けることで、野菜の健康的な甘みとハンバーグのジューシーさが相まって、バランスの取れた美味しさを楽しむことができます。野菜の食感とハンバーグの旨みが絶妙にマッチし、一層満足感を与えてくれるでしょう。

さらに、グリル野菜のアレンジも楽しめます。例えば、焼き野菜にハーブを加えると風味が増し、バルサミコ酢をかけるとアクセントになります。また、グリル野菜にミックスハーブやレモンの風味をプラスしても美味しいです。

湯煎ハンバーグと一緒に楽しむグリル野菜は、ヘルシーで栄養豊富な一品です。野菜の甘みとハンバーグの旨みを共に楽しむことで、食事のバランスも良くなります。次回ハンバーグを作る際には、ぜひ一緒にグリル野菜を作ってみてください。

マッシュポテト

湯煎ハンバーグと一緒に楽しむことができるサイドメニューとして、マッシュポテトは定番中の定番です。ふわふわとした食感とクリーミーな味わいが特徴で、ハンバーグとの相性も抜群です。ここでは、マッシュポテトの作り方とその魅力についてご紹介します。

マッシュポテトを作る際には、まずジャガイモを選びます。主流となるのはメークインやベルジャンポテトなどの種類ですが、お好みの種類を選んでください。ジャガイモは一口サイズに切り、お鍋に入れて水をかけます。ジャガイモが柔らかくなるまで加熱し、水を切ります。

次に、ジャガイモをマッシャーやフォークでつぶします。滑らかな食感にするために、しっかりとつぶすことがポイントです。つぶしたジャガイモにバターや牛乳、塩やこしょうを加え、よく混ぜ合わせます。滑らかでクリーミーな仕上がりにするために、バターや牛乳は少しずつ加えて調整しながら混ぜると良いでしょう。

マッシュポテトはそのままでも美味しいですが、アレンジも楽しめます。例えば、チーズを加えてとろりとした仕上がりにしたり、ハーブやニンニクを加えて風味をプラスすることもできます。自分の好みや、ハンバーグとの相性を考えながらアレンジしてみてください。

湯煎ハンバーグと一緒に楽しむマッシュポテトは、ハンバーグのソースやジューシーさをしっかりと吸い込み、相互に味わいを引き立てます。ハンバーグの食材との組み合わせで、バランスの良い食事を楽しむことができます。

次回ハンバーグを作る際には、ぜひマッシュポテトを添えてみてください。クリーミーかつ柔らかなマッシュポテトの食感とハンバーグのジューシーさが絶妙にマッチし、満足感のある一皿を堪能できることでしょう。

まとめ

この記事では、ハンバーグを湯煎で作る方法とその楽しみ方について紹介しました。

準備から楽しみまで

ハンバーグを湯煎で美味しく作るためには、準備から楽しみまでを大切にすることが重要です。以下では、ハンバーグを作る際の流れや楽しみ方についてご紹介します。

まず、ハンバーグの準備をしましょう。肉や調味料、野菜などの材料を用意し、下味をつけることで味わいが深まります。肉に下味をしっかりと染み込ませるためには、時間をかけて漬け込むか、表面にしっかりと調味料をかける方法を選びましょう。

形成したハンバーグは湯煎で加熱します。お鍋に水を沸騰させ、ハンバーグを入れて中火でじっくりと温めましょう。適切な加熱時間を守りながら、ハンバーグの内部までしっかりと火を通します。この湯煎により、ふっくらとしたジューシーなハンバーグが完成します。

ハンバーグが調理されたら、ソースやサイドメニューと一緒に盛り付けましょう。デミグラスソースやチーズソースをかけて、さらなる風味を楽しむことができます。グリル野菜やマッシュポテトなどのサイドメニューも合わせることで、コンビネーションの良い一皿に仕上げます。

最後に、ハンバーグを堪能しましょう。湯煎ハンバーグのジューシーさや風味を存分に楽しみながら、ゆっくりと食べましょう。ハンバーグの一口を噛んだときの肉汁の溢れる美味しさを感じながら、食事の時間を楽しむことができます。

ハンバーグを作る際は、準備から楽しみまでを大切にしましょう。時間をかけて下味をつけたり、丁寧に形成したり、じっくりと湯煎で加熱したりすることで、より美味しいハンバーグを楽しむことができます。是非、ハンバーグ作りを通じて食事の時間を豊かなものにしてください。

新たな調理法の発見

湯煎でハンバーグを調理することで、新たな調理法の魅力を発見することができます。通常の焼き方とは異なる方法で、ジューシーさや均一な加熱が得られることが特長です。湯煎による調理は、ハンバーグの内側までしっかりと火が通り、肉の旨みや食感を最大限に引き出すことができます。これを機に、湯煎以外の調理方法も探求してみてください。例えば、オーブンやグリルなどを使用することで、ハンバーグに新たな風味やテクスチャーを与えることができます。さまざまな調理方法を試してみながら、ハンバーグの幅広い楽しみ方を発見してください。

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16