絶品ハンバーグの裏側!その魅力と深い世界を探る

query_builder 2024/05/21
みんな大好きな絶品ハンバーグ。しかし、その裏側、美味しさの秘訣、さらなる楽しみ方を知る人は少ないのではないでしょうか?この記事では、絶品ハンバーグの深い世界を引き出します。まだ知らないハンバーグの可能性を追求しませんか?

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ
住所:

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16

電話番号:
03-6416-1081

ハンバーグの歴史

ハンバーグってどのくらい昔から存在していたのでしうか?その由来について紐解いてみましょう。

ハンバーグの起源

ハンバーグの起源は複数の説がありますが、一般的には19世紀にドイツで始まったとされています。ドイツのハンブルクという地名が由来で、元々は挽き肉を塩と香辛料で調味し、焼いた料理として作られました。

その後、ハンバーグはアメリカで大きな人気を博しました。19世紀後半のアメリカでは、ドイツ系移民が多く住んでおり、彼らが持ち込んだハンバーグのレシピが現地でも広まりました。アメリカでのハンバーグは、パンに挟んでハンバーガーとして提供されるスタイルが主流となりました。

日本へのハンバーグの伝来は、明治時代にさかのぼります。当時、日本を訪れた洋食人の中にハンバーグのレシピを持ち帰った人物がおり、それが日本でのハンバーグの広まりのきっかけとなりました。

初めの頃は高級料理として扱われていましたが、徐々に一般の家庭でも作ることができるようになり、戦後には庶民的な料理として定着しました。こうしてハンバーグは、日本人の食卓に欠かせないメニューとなっていきました。

ハンバーグの起源にはいくつかの異なる伝承がありますが、その歴史的な背景や文化的な変遷によって、今日の絶品ハンバーグの魅力が形成されているのです。絶品ハンバーグの美味しさの秘訣や深い世界を探るには、その起源についても知ることが重要です。

日本のハンバーグの歴史

日本では、明治時代にハンバーグが紹介された後、独自の進化を遂げてきました。当初は洋食レストランや高級料亭で提供されていたハンバーグは、次第に一般の食堂や食堂カーでも出されるようになりました。

戦後の食糧難の時代には、ハンバーグはそのボリューム感やリーズナブルな価格から、家庭料理として大変重宝されました。ハンバーグは安価な挽肉を使って作られ、大人から子供まで幅広い年齢層に愛される料理となりました。

そして、1960年代にはハンバーグが学校給食に導入され、多くの人が子供の頃に食べた記憶があります。その頃のハンバーグは、肉汁を閉じ込めるためにパン粉を練り込むという特徴がありました。

近年では、グルメブームの影響もあり、多様なスタイルのハンバーグが登場しています。洋風ハンバーグ、和風ハンバーグ、チーズインハンバーグなど、さまざまなバリエーションが存在し、食べ手の好みやニーズに合わせて選ぶことができます。

また、近年はヘルシーやビーガン向けのハンバーグも増えてきました。大豆や野菜を使った代替肉ハンバーグや、グルテンフリーのハンバーグなどがあります。

日本のハンバーグは、時代と共に進化し、多様な形で受け継がれてきました。その歴史と変遷を知ることで、絶品ハンバーグの魅力や多様性をより深く理解することができます。ハンバーグは日本の食文化において重要な位置を占める料理であり、今後もさらなる進化が期待されています。

絶品ハンバーグの定義

絶品ハンバーグとは何を指すのか、その定義を明確にします。

美味しさのポイント

絶品ハンバーグの美味しさのポイントは、様々な要素が絶妙に組み合わさっていることです。まず、肉の選び方が重要です。上質な挽肉を使うことで、ジューシーで豊潤な味わいが生まれます。肉の脂身も適度に含まれていると、ハンバーグの食べ応えが増します。

また、調味料の使い方も美味しさのポイントです。玉ねぎやニンニク、パン粉、卵などを加えることで、ハンバーグの風味と食感が向上します。さらに、塩や胡椒、ハーブなどの調味料を適切に使い、味のバランスを整えることも大切です。

焼き加減も重要な要素です。ハンバーグは焼きすぎず、中までしっかりと火を通すことがポイントです。ジューシーさを保つため、焦げ目がつく程度に両面を焼き、余熱でじっくりと内部を加熱する方法が一般的です。

さらに、ソースやトッピングも美味しさを引き立てる要素です。デミグラスソースやデミベーゼ、トマトソースなど、ハンバーグに合わせたソースを選ぶことで、風味が一層豊かになります。また、チーズやマッシュルーム、グリル野菜などのトッピングを加えると、ハンバーグの味わいがさらに深まります。

最後に、食べるタイミングも美味しさに関わる要素です。ハンバーグは焼きたてが最も美味しいとされています。焼き上がったら、すぐに食べることで肉汁を閉じ込め、そのジューシーな食感を楽しむことができます。

絶品ハンバーグの美味しさのポイントは、肉の選び方、調味料の使い方、焼き加減、ソースやトッピング、そして食べるタイミングといった要素が絶妙に組み合わさっています。これらのポイントを抑えて作られたハンバーグは、一度食べるとその美味しさに魅了されること間違いありません。

愛され続ける理由

絶品ハンバーグが愛され続ける理由には、いくつかの要素があります。まず、その美味しさと食べごたえです。ジューシーな肉の食感と、豊かな風味が口いっぱいに広がります。一度食べると、その美味しさに虜になる人も多いでしょう。

また、ハンバーグはシンプルでありながら、アレンジの幅も広いという魅力があります。自宅で手軽に作ることができ、個々の好みやアイデア次第で様々なバリエーションが楽しめます。チーズを詰め込んだり、ハーブを加えたり、ソースやトッピングを変えたりと、自分だけのオリジナルハンバーグを作ることができます。

そして、ハンバーグは家庭の食卓からレストランまで幅広く提供されている料理です。食事のシーンや場所を問わず、誰もが楽しめるメニューとして定着しています。ファミリーレストランや居酒屋、カフェなどでも、必ずと言っていいほどハンバーグがメニューにあります。

さらに、ハンバーグは子供から大人まで、幅広い世代に愛されています。子供たちはハンバーグのジューシーな味やボリューム感に喜びを感じ、大人たちは懐かしい味わいや豊かな食べ応えに満足します。そのため、家族や友人との食事の場でハンバーグが選ばれることが多いのです。

また、ハンバーグは手作り感や家庭の味との関連性を持っています。自宅で作ることができるため、家庭的な味わいに対する懐かしさや安心感があります。特に、子供の頃に食べたハンバーグの記憶が、大人になっても引き継がれているケースも少なくありません。

絶品ハンバーグが愛され続ける理由は美味しさ、アレンジの幅、幅広い提供場所、世代を超えた人気など、さまざまな要素が影響しています。その魅力に引かれて、多くの人々が絶品ハンバーグを選び続けているのです。

絶品ハンバーグのレシピ

家でも作れる絶品ハンバーグのレシピを2つ紹介します。

基本のハンバーグレシピ

基本のハンバーグレシピでは、シンプルながらも美味しさを引き立てる要素を計算しています。まず、挽肉を選ぶ際は、上質な肉を使用しましょう。牛肉が一般的ですが、豚肉や合い挽き肉を組み合わせるのもオススメです。肉の脂身も適度に含まれているものを選ぶと、ジューシーなハンバーグに仕上がります。

ボウルに挽肉、みじん切りにした玉ねぎ、パン粉、卵、塩、胡椒、好みで香辛料を加えてよく混ぜます。ここで、ミートマッサージャーを使ってもよりしっかりとした食感を出すことができます。

しっかりと混ぜたら、手でハンバーグの形に整えます。厚みは均等になるように心掛けましょう。ハンバーグの表面に小麦粉をまぶし、余分な水分を吸収してくれるので、焼き上がりはパリッと仕上がります。

フライパンにオリーブオイルを熱し、ハンバーグを両面焼きます。最初は強火で表面に焼き色をつけ、その後は中火に落としてじっくり調理します。焼き色がついたら、蓋をして余熱で中まで火を通します。こうすることで、ハンバーグの中に肉汁が閉じ込められ、ジューシーな食感を楽しむことができます。

最後に、お皿に盛り付けて完成です。ソースやトッピングを加えると、より一層美味しさが引き立ちます。ケチャップやデミグラスソース、マッシュルームソースなど、お好みで選んでください。トマトやレタス、キャベツなどの野菜を添えると彩りも良くなります。

基本のハンバーグレシピは手軽に作れる上に、アレンジも効くため、自分好みの味わいを楽しむことができます。ぜひ一度試してみてください。

オリジナルハンバーグレシピ

オリジナルのハンバーグレシピでは、基本のレシピをベースに独自のアレンジを加えて、自分だけの特別なハンバーグを作りましょう。まずは、挽肉の種類や割合を変える方法があります。牛肉と合い挽き肉を組み合わせることで、肉の旨みとジューシーさが増します。また、鶏ひき肉を加えることで軽やかな食感が楽しめます。

次に、香りや風味をプラスするために、ハンバーグの中に具材を混ぜることもおすすめです。みじん切りにしたにんじんやピーマン、パプリカ、キノコ類など、自分が好きな野菜を細かく切って混ぜ込んでみましょう。これによって、ハンバーグの食感がよりアクセントを効かせられます。

また、チーズを詰め込んでみるのもハンバーグのアレンジの一つです。ハンバーグの中心部にチーズを挟むことで、食べるとトロリとしたチーズが広がり、濃厚でコクのある味わいを楽しむことができます。モッツァレラやチェダーチーズ、ブルーチーズなど、自分の好みに合わせて選んでみてください。

さらに、調味料やソースのアレンジも自由です。ウスターソースやソース、焼肉のタレ、バーベキューソースなど、自分の好きな味付けでハンバーグの風味を変えることができます。また、トッピングにはマッシュルームやフライドオニオン、グリル野菜などを添えると、見た目も華やかになります。

オリジナルハンバーグレシピでは、自分の好みやアイデアに寄り添ったハンバーグを作ることができます。手軽にアレンジができるため、料理の楽しみも広がります。ぜひ、自分ならではのオリジナルハンバーグを試してみてください。

ハンバーグを一層楽しむためのヒント

ハンバーグをより楽しむためのアイデアを紹介します。

相性の良いサイドメニュー

絶品ハンバーグをより楽しむために、相性の良いサイドメニューを紹介します。ハンバーグとの相性を考えながら選ぶことで、食事のバランスや味わいを一層引き立てることができます。

まずは定番のサイドメニューとして、フライドポテトやポテトサラダが挙げられます。ハンバーグと一緒に食べることで、コクのあるハンバーグとの相性が抜群です。フライドポテトはサクサクとした食感が楽しめ、ポテトサラダはクリーミーで爽やかな味わいとの組み合わせが絶品です。

また、グリーンサラダや野菜炒めなどの野菜料理もおすすめです。ハンバーグのジューシーさやボリューム感に対して、野菜のさっぱりとした味わいが相性抜群です。さまざまな色とりどりの野菜を添えることで、見た目にも華やかさを加えることができます。

さらに、スープやシチューもハンバーグとの相性が良いです。クリーム系のスープやトマトベースのシチューは、ハンバーグのコクと相まって贅沢な味わいを楽しむことができます。具材や味付けにこだわったスープやシチューを選ぶと、食事がより一層満足感を与えてくれます。

また、ご飯やパンとの組み合わせも考えてみましょう。ご飯と一緒に食べると、ハンバーグの旨みがご飯に染み込んで美味しさが倍増します。焼きそばやライスバーガーなど、パンとハンバーグを組み合わせた一品も楽しいです。

相性の良いサイドメニューを選ぶことで、ハンバーグの美味しさをより引き立てることができます。自分の好みや食べたい気分に合わせて、ハンバーグとの相性を考慮しながら選んでみてください。絶品ハンバーグとのバランスの取れた食事を楽しめるはずです。

おすすめの食べ方

絶品ハンバーグをより美味しく食べるための方法をいくつかご紹介します。おすすめの食べ方を試してみて、ハンバーグの魅力を最大限に引き出しましょう。

まずは、ハンバーグにソースをたっぷりとかけて食べる方法です。デミグラスソースやデミベーゼ、トマトソースなど、好みのソースを選んでかけることで、ハンバーグの風味が一層引き立ちます。ソースを絡めながら噛むことで、ハンバーグの旨みとソースのコクが絶妙に組み合わさります。

また、ハンバーグをカットする前に、ナイフで切り目を入れ、中からハンバーグの肉汁が溢れ出る瞬間を楽しむのもおすすめです。肉汁が舌に広がる瞬間は、ハンバーグの旨みが最も感じられる瞬間です。ぜひ一度試してみてください。

さらに、ハンバーグを食べる際には、トッピングやサイドメニューとの組み合わせも考えてみましょう。例えば、ハンバーグにチーズをトッピングすると、チーズのとろける風味がハンバーグに絶妙なアクセントを加えます。また、サイドメニューとしてポテトサラダやグリーンサラダ、スープなどを添えることで、食事のバランスもより良くなります。

そして、ハンバーグは焼きたてが最も美味しいため、できるだけ熱いうちに食べることをおすすめします。焼き上がったハンバーグは熱々でジューシーな食感が楽しめます。余裕がある場合は、食事の最初にハンバーグを食べると、その美味しさに一層感動することでしょう。

これらの食べ方のヒントを参考にしながら、自分なりのハンバーグの食べ方を見つけてみてください。絶品ハンバーグがさらに美味しく楽しめること間違いありません。

ハンバーグの選び方

スーパーやレストランで良質なハンバーグを見分ける方法を教えます。

肉の品質

美味しいハンバーグを作るためには、肉の品質にも注目することが重要です。肉の品質はハンバーグの美味しさに大きく影響する要素の一つであり、選び方にも工夫が必要です。

まず、肉の種類を選ぶ際には、上質な部位を選ぶことがポイントです。牛肉を選ぶ場合は、バラやロースといった柔らかな部位がおすすめです。脂身が適度に入っていることで、ハンバーグのジューシーさや風味が増します。また、豚肉や合い挽き肉を組み合わせることで、肉の旨みがより引き立つこともあります。

次に、肉の鮮度を確認することも大切です。新鮮な肉は色鮮やかで、触ったときに弾力性があります。血抜きがしっかりとされているかも確認しましょう。肉の鮮度が良ければ、ハンバーグの風味や食感がさらに高まります。

また、食材の産地や生産方法にも注意を払うことが大切です。安全な食材を選ぶために、信頼できる生産者やブランドを選ぶことがおすすめです。また、遺伝子組み換えや抗生物質の使用が制限されている有機食材を選ぶことも肉の品質に影響します。地元産や自然栽培の肉を選ぶことで、より安心してハンバーグを楽しむことができます。

美味しいハンバーグを作るには、肉の品質にこだわることが不可欠です。上質な肉を選び、鮮度を確認することで、ハンバーグの風味や食感を向上させることができます。また、安全な食材を選ぶために生産者やブランドにも注目しましょう。素材へのこだわりが、絶品ハンバーグの一層の美味しさを引き出します。

製品情報の見方

ハンバーグを選ぶ際には、製品情報を見ることも重要です。製品情報をチェックすることで、肉の品質や安全性についてより詳しく知ることができます。

まず、肉の種類や原材料を確認しましょう。一般的には牛肉が主成分となっていますが、合い挽き肉や豚肉が使用されている場合もあります。また、添加物や調味料の使用状況にも注目しましょう。素材にこだわっている製品や、添加物を最小限に抑えた製品を選ぶことが良いでしょう。

次に、製品の産地や生産方法を確認しましょう。産地情報はハンバーグの品質や安全性に関わる重要な要素です。地元産の肉や、特定の地域で生産された肉を使用している製品は、品質管理がしっかりとされていることが期待できます。また、生産方法についても確認しましょう。遺伝子組み換えや抗生物質の使用が制限されている有機や自然栽培の肉を使用している製品は、安心して選ぶことができます。

ラベルやパッケージに表示されている製品情報を見ることで、肉の品質や安全性についてより詳しく知ることができます。これにより、自分が求める品質や安全基準に合致したハンバーグを選ぶことができます。

製品情報を見る際には、表示されている情報が信頼性の高いものであることにも注意しましょう。品質表示や産地表示など、信頼できるブランドや生産者の情報が記載されている場合は、安心して選ぶことができます。

ハンバーグを選ぶ際は、製品情報を確認し、自分の基準に合った肉の品質や安全性を考慮しましょう。製品情報を見ることで、より安心して美味しいハンバーグを楽しむことができます。

絶品ハンバーグの裏側

絶品ハンバーグの製造過程や裏話をご紹介します。

製造過程

絶品ハンバーグの製造過程を知ることで、その美味しさの秘密が少しずつ明らかにされます。一般的な製造過程では、以下のような工程でハンバーグが作られています。

まず、肉の切り分けから始まります。上質な肉を用意し、骨や脂身を取り除いて必要な部位を選びます。その後、挽肉にするために肉を細かく刻んでいきます。切り分けと挽肉は衛生面にも配慮され、衛生管理が徹底されていることが求められます。

次に、調味料や具材の加え方が重要です。ハンバーグには玉ねぎやニンニクなどの香味野菜や、パン粉、卵などが加えられます。これらの素材を適切な割合で混ぜ合わせることで、ハンバーグの風味や食感を調整します。一貫した味わいを実現するために、調味料や具材のバランスには細心の注意が払われます。

その後、形を整える作業に入ります。ボウルや機械を使って挽肉と調味料をよく混ぜ合わせ、ハンバーグとして成形します。均等な厚さやサイズになるように気を付けつつ、形状を整えることが重要です。

最後に、焼き加減がハンバーグの出来栄えを左右します。フライパンやグリルなどで両面を焼き、適度な色合いとジューシーさを引き出します。焼きすぎずに中までしっかりと火を通すことがポイントであり、技術と経験が求められます。

製造過程の工程ごとに品質管理が行われ、衛生面や品質の安定性が確保されています。ハンバーグの製造過程では、肉の切り分け、挽肉、調味料や具材の加え方、形成、焼き加減といった工程が重要な役割を果たしています。こうした工程の一つ一つが絶品ハンバーグの美味しさを生み出し、愛される理由の一端を担っています。

裏話

製造過程の裏話には、ハンバーグにまつわる興味深い事実や工夫があります。例えば、ハンバーグの中に秘密の具材を忍ばせるというアイデアがあります。これは、ハンバーグの形状を保持しながら、中にチーズや野菜、ベーコンなどの具材を詰め込むというものです。食べると思わぬ驚きがあり、楽しみが広がります。

また、ハンバーグのジューシーさを保つために、肉汁を閉じ込める工夫がされています。一つはパン粉を使用することです。パン粉を加えることで肉汁が吸収され、ハンバーグの中に閉じ込められます。また、肉汁が逃げないようにハンバーグを包む際の形状にも注意が払われています。

さらに、ハンバーグの味わいや食感に影響を与えるのは、挽肉の細かさや混ぜ方です。肉の細かく挽かれた状態では、ハンバーグの食感がより滑らかになります。また、挽肉と具材をしっかりと混ぜ合わせることで、均一な味わいが生まれます。

製造過程においては、職人の技術や知識が活かされています。経験豊富な職人が肉の品質や味わいにこだわり、手間ひまかけて作り上げることで、絶品ハンバーグの完成度が高まります。

ハンバーグの製造過程には、そんな裏話や工夫がいくつも存在します。これらの裏話を知ることによって、より深い理解と興味を持つことができます。ハンバーグは単なる料理ではなく、職人の技術やアイデアが結集した結果、美味しさと愛される魅力を持つ料理と言えるでしょう。

ハンバーグの未来

ハンバーグの未来について予測します。

次世代ハンバーグ

現代では、次世代ハンバーグとして環境や健康面に配慮したオプションも増えてきました。例えば、植物性の代替肉を使用したハンバーグが注目を集めています。大豆やきのこ、豆腐、植物性たんぱく源を使った代替肉は、動物性の肉に比べて環境負荷が低く、ヘルシーな食事の一環として選ばれることが増えています。

さらに、ベジタリアンやビーガン向けのハンバーグも人気があります。動物性の食材を一切使用せず、野菜や穀物、豆類を中心としたハンバーグは、植物性の栄養素を豊富に摂取できます。植物由来のハンバーグは、さまざまな食事スタイルや考え方に対応し、健康志向の人々にも好まれています。

さらに、次世代ハンバーグには持続可能性や食品ロス削減といった観点から、廃棄物を有効活用したり、リサイクルの考え方を取り入れたりする試みもあります。これらの取り組みによって、ハンバーグの製造過程や食材の利用による環境への負荷を軽減することができます。

次世代ハンバーグは、環境や健康への配慮を念頭に置きながら、より持続可能な食事スタイルを追求した料理として注目されています。これらの取り組みによって、より多くの人々がハンバーグを楽しむことができ、さまざまな価値を提供することが期待されています。次世代ハンバーグの進化はまだまだ続いており、今後もさまざまな新しいアイデアや取り組みが生まれることでしょう。

新たな楽しみ方

次世代ハンバーグの進化に伴い、新たな楽しみ方も提案されています。例えば、ハンバーグにさまざまな香辛料やハーブを加えて、風味やアクセントを付ける方法があります。ローズマリーやタイム、シナモンなどの香り高いハーブを使用することで、ハンバーグの味わいが一層深まります。

また、ハンバーグの形状や料理法にもアレンジの余地があります。ミニサイズのハンバーグを作ることで、一人分ずつ手軽に楽しむことができます。また、オーブンやエアフライヤーを使って焼くことで、ヘルシーなハンバーグを作ることも可能です。

さらに、トッピングやガーニッシュにも工夫をしてハンバーグをより楽しむことができます。ハンバーグにチーズやベーコン、ハーブバターソースをトッピングすることで、ハンバーグがさらに美味しさと食感が増します。彩りを豊かにするために、新鮮な野菜や果物を添えることもおすすめです。

さらに、ハンバーグ専門店やレストランでのハンバーグカフェも増えてきました。ここでは、様々な種類のハンバーグやトッピングを楽しむことができます。自分の好みに合わせてカスタマイズすることができるため、ハンバーグの可能性が広がります。

新たな楽しみ方を取り入れることで、ハンバーグの魅力がさらに広がります。香り豊かなハーブやスパイス、アレンジの自由度の高い形状や調理法、ユニークなトッピングやサイドメニューを組み合わせて、自分だけの特別なハンバーグ体験を作り出しましょう。次世代のハンバーグは、美味しさと楽しさを追求する興味深い料理となっています。

まとめ

絶品ハンバーグについての情報をまとめ、再評価する段落です。

ハンバーグへの新たな視点

ハンバーグへの新たな視点を持つことは、美味しさや楽しみ方をさらに広げることができます。ハンバーグは単なる一品ではなく、歴史、文化、科学、そして未来についても学べる料理なのです。

ハンバーグの歴史や起源を探ることで、その背後にある文化や伝統を知ることができます。また、ハンバーグの材料や製造過程について学ぶことで、食材や調理法に対する理解が深まります。さらに、ハンバーグの健康面や栄養価についても関心を持つことで、バランスの取れた食事の一部としての役割を見出すことができます。

さらに、ハンバーグの未来に目を向けることも重要です。環境への配慮や食文化の変化に対応する次世代のハンバーグの可能性について考えることができます。持続可能性やビーガン向けのハンバーグ、フードテックの進化による新たな食材や調理方法の探求など、多くの可能性が広がっています。

ハンバーグへの新たな視点を持つことで、ただ美味しい食べ物として楽しむだけでなく、料理や食文化について深く考えるきっかけを得ることができます。ハンバーグは単なる料理ではなく、様々な要素を組み合わせた多面的な存在なのです。ぜひハンバーグの魅力を追求し、新たな視点を持って楽しんでみてください。

美味しいハンバーグの追求

美味しいハンバーグの追求は、単なる料理の追求に留まりません。その過程で、歴史や文化の探求、食材や調理法の理解、健康や栄養バランスの意識、そして未来への展望を得ることができます。美味しいハンバーグを作り出すためには、食材の選び方や調理法の工夫、個々の好みやアレンジの自由度も重要です。さらには、環境への配慮や新たな食材・調理方法の探求も求められます。美味しいハンバーグの追求は、食の楽しみだけでなく、料理としての学びや魅力を提供し、日々の食事の一部としての価値をもたらします。ぜひ、美味しいハンバーグの追求の旅に出かけ、その広がりや奥深さを感じてみてください。

キッチンハセガワ


ロゴ

心が満たされ体が喜ぶ美味しい渋谷の洋食屋。昔ながらの洋食の魅力を現代風にアレンジしています。こだわった人気のハンバーグは一つずつ手作りしており、牛肉と豚肉の合挽肉に加えて牛タン挽肉を組み合わせ贅沢な味と食感を楽しめる逸品です。自家製のデミグラスソースや幅広いランチメニューがございます。

キッチンハセガワ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町22-16